創作/18:00、三等星

0


僕らの夜を彩る光彩に、カシオペヤは彼方へ霞む。
いつかきっと見つけてね、なんて僕には言えないし、必要も無いのさ。
寂しくなんてないはずだ。
宵闇は不確かに平等で、僕がなにひとつ優秀でなくたって気にも留めないのだから。

 
***
撮影:シュウ
言葉/被写体:卯月

0
Tweet about this on TwitterShare on Tumblr